四十肩・五十肩でお悩みの方へ

こんな四十肩・五十肩の辛い症状でお困りではないですか?

  • 腕を動かすと腕の付け根が痛い
  • 腕を上げる時、後ろに回す時など腕を動かす時に痛みの出る方向がある
  • 病院で「四十肩(五十肩)」と言われ処置を受けたが良くならなかった。
  • 肩が痛くて服を着替えるのが大変・・・
  • 洗濯物を干す時、肩があがらなくて困る
  • お風呂でシャンプーしようと腕を上げるとズキッと痛い
  • 寝返りの時痛みで目が覚める
  • 胸や鎖骨あたりも押してみるとけっこう痛い
  • 髪を洗う時や、髪を結ぶ時に肩に痛みが走る
  • 胸や鎖骨あたりも押してみるとけっこう痛い

四十肩・五十肩の主な原因は全身のバランス異常によって引き起こされます。

四十肩・五十肩とは?

「五十肩」とは、肩が挙がらなくなった総称で、正確には肩関節周囲炎と言われます。
また肩関節周囲炎も細かく分けていくと「上腕二頭筋長頭筋腱の炎症」「腱板損傷」「棘上筋の炎症」「棘下筋の炎症」「インピンジメント症候群」「滑液包炎」「靭帯の炎症」など、他にも多くあります。

五十肩に関しては
「肩の関節が固まったようで腕が上がらない」
「肩の痛みが強く腕を上げることができない」
など、五十歳前後になるとよくおきる症状です。

最近は、四十歳前後でもおこるようになってきたため、「四十肩」と呼ぶこともあります。

「五十肩」は、ある日突然痛みが発生する急性のものと、肩の動きに徐々に制限が出だす慢性のものとがあります。
ほとんどの場合、少しずつ腕が上がらなくなっていることに気付かなかったり、腕を大きく上げるなどの動作を普段から行なっていない状態で、ある日大きく腕を上げる動作をした時などに、今までのように肩がスムースに動かなくなっていることに気が付く人が多いようです。

急性期はじっとしていても痛く、痛みで眠れないという人もいます。(夜間痛)
慢性期になると徐々に動かせるようにもなりますが、ある程度まで動かすと痛みが生じます。

四十肩・五十肩を引き起こす原因

腕を動かす際には、当然筋肉を使うのですが、肩は人間の関節の中で最も可動域が広く、複雑な動きをする場所なのです。
そのため、「五十肩」の多くの原因は、複雑な肩の筋肉と、肩に繋がる筋肉の緊張により起こるのです。

四十肩・五十肩に対する当院の治療法は?

四十肩・五十肩の急性期は痛みが強いため、触られるのも動かされるのも嫌な方が多いです。
そのため、最初は患部をチェックし、患部を触れそうになければ、離れた関節からアプローチしていきます。

肩の挙上に関して言えば、肩関節だけではなく、股関節・背骨(椎間関節)・胸鎖関節・胸肋関節なども同時に連動して動いています。
ですので、肩関節に痛みが強い場合は、肩から離れた関節の動きを整えたり、肩への筋肉へ連結する筋肉へアプローチして全身を整えていきます。

患部の痛みが取れてきたら、直接肩周辺へのアプローチをして、徐々に運動療法で動くようにしていきます。

バランスが改善されると…

今では両肩ともすっかり痛みもなくなり、体の調子も大変良いです

症 状 : 肩の痛み(五十肩)
お名前 : Y・N様
住まい : 大阪市
ご職業 : 主婦

最初左手が上がらなくなり、外科でリハビリをして少しはましかなと思っているうちに、右手も上げると痛みが出るようになりました。

診断では五十肩と言われました。

五十肩はここ半年ほどですが、いつも肩こりがあり、あちこちマッサージを行っておりましたが、その時だけの気持ち良さですぐ戻っていました。

加茂先生のところに来て、身体全体の動きがすべてつながっていて、全体の動きを良くすることで痛い所が治っていくことが分かり、納得して毎回治療を受けています。

おかげ様で今では両肩ともすっかり痛みもなくなり、体の調子も大変良いです。

肩の痛みも良くなってきました

症 状 : 肩の痛み・五十肩
お名前 : 佐々木様
住まい : 大阪市
ご職業 : 会社員

50肩で腕が上がらなくなり来院しました。

治療だけでなく普段から気をつけることや、自分で出来る体操などを治療中に教えてもらって少しずつ実行しています。

忙しさにまぎれて体を動かすことを忘れがちですが、こちらへ来て先生と話すことで、また姿勢を直すことを意識するようになります。

「肋骨のかご」を動かすなんて考えたこともなかったけど、こうした意識の改善が最も大切だと気付かされます。

肩の痛みも良くなってきました。

当院のKAMO式全身バランス調整は、痛みの根本的な原因を追求し改善させます。

あなたのお悩みを必ず解決します。

06-7177-1984
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP